WEBサイトの閲覧行動をSalesforce CRMで可視化

WEBサイト閲覧行動をリアルタイムにトラッキング

AshiAtoは、Salesforce CRMに登録された「リード」「取引先責任者」がWEBサイトへ来訪した時に、その履歴をSalesforceに自動登録します。
Salesforceの標準機能である「Web-to-リード」で新たにWEBサイトからリードが登録された際に、そのリードが、登録に至るまでのサイト内でのページ閲覧履歴を自動登録します。また、登録時以前の来訪についても合わせて登録します。「検索→閲覧→離脱」「再訪→離脱」「再訪→問合せ」などの履歴が、どのページを何分見ていたのかと合わせて把握可能です。
顧客に対して醸成活動の一環としてEメールを配信した際、その中のリンクをクリックした履歴は、メール配信ツールを使えば取得可能です。が、これまでは、登録済の顧客がふとWEBサイトに訪れてきたことを知る術はありませんでした。AshiAtoは、一旦、顧客が紐付いた後は、来訪があった時点でリアルタイムにSalesforce CRMにその来訪が記録されます。これにより、検討の進み度合いや興味レベルなどを把握することができ、タイムリーな営業活動の実施が可能になります。


機能一覧

  • WEBサイト閲覧行為のリアルタイム把握
  • WEBサイト閲覧ページの把握
  • WEBサイト閲覧日時の把握
  • WEBサイト閲覧ページ数の把握
  • WEBサイト ページ別滞在時間の把握
  • WEBサイト来訪回数の把握
  • WEBサイト来訪頻度の把握
  • WEBサイト来訪時リファラー(流入元)の把握
  • リファラー検索キーワードの把握

salesforceをお使いの方→今すぐ無償でお試し下さい(利用開始翌月末日まで無償トライアル期間)

salesforceをお使いでない方→試用環境をご用意します。こちらよりご依頼ください

その他ご質問ご相談などは03-5787-3012またはこちらのフォームより

Copyright© 2013 BRIDGE International Corp. All Rights Reserved.
ブリッジインターナショナル株式会社 概要