Lead Navi/merit

<特長>

リード創出~リード醸成、案件化まで。
PDCA をふまえた動きによって、成果を導き出していきます。

豊富なメール配信機能を搭載。配信結果の集計・リスト抽出も可能。

メールによるイベントの事前案内や事後フォロー、自社製品の導入事例の紹介を、一斉配信・ステップメール配信・条件満足時の自動的な配信など、お客様の状況にあわせて様々な条件のもと配信ルールを設定できます。メール配信後は、メール開封率やクリックカウントによって顧客の関心度合いを測りながら、次のアクションを検討します。

見込顧客のWebアクセス履歴をリアルタイムに把握。

見込顧客のメール配信をきっかけとしたWebアクセス状況(URL、日時、滞在時間)をリアルタイムに把握することができます。これにより、顧客の興味関心にあわせた情報提供や提案が可能となります。

HOTリードとCOLDリードを見極め、効率的に顧客との関係を強化。

メール開封率やWebアクセス履歴などの顧客行動、業種や売上規模、所属部門や役職といった顧客属性を条件に見込顧客をスコアリングします。スコアが一定以上になった際は営業担当によるフォローを実施、スコアが一定に満たない場合はメール配信によってナーチャリングを続けるなど、顧客の"温度"にあわせたアプローチが可能となりますので、より効率的な営業活動を実現できます。

マーケティング活動の費用対効果をレポートで可視化。

イベントやメール配信等のマーケティング活動をきっかけとして、どのくらいのリードが創出され、どのくらいの受注に結びついたのかを、レポートで把握できます。
マーケティングからセールスまでの情報を同一データベース内で管理しているため、複数データベースを利用している場合と比較して煩雑な連携・突合せ作業は不要となり、効率的でタイムリーな分析を実現できます。

PDCAの繰り返しが、次の"アイデア"を徹底してサポート。

マーケティング活動のプロセスの一部をオートメーション化することで、各種施策のPDCAサイクルをタイムリーかつ継続的にまわすことができ、リード数、案件数、受注数の向上に貢献します。

ページトップへ